2010/1/31 日曜日

社会人の博士後期入学

Filed under: 博士の学位 — mizusawa @ 13:44:20

大学を卒業して社会人を10年以上経験し、博士の学位が欲しいと考えるようになる例は多かろう。自分の将来を考えると資格を取っておきたいと思うし、博士の学位は資格の中でも難関である。
私が教えているIT系学科の学生はリーマンショック以前は学部卒の段階で優秀な学生は企業に就職してしまっていた。不況になった現状でも優秀な学生は大学卒の段階で就職を希望する。100年に一度の不況が襲ってきた昨年から大学院の修士課程、つまり博士前期課程に進学を希望する学生の数が急に増えた。それでも博士後期課程への進学を希望する学生は皆無である。博士の学位を取得しても就職で不利になるというのは学生の間で定説になっている。
社会人は40代に入る頃から博士の学位が欲しくなる。その理由の一端は会社における出世競争の厳しさであり、また会社を飛び出してベンチャー企業を起こした時の社会的な信用度であろう。しかし、40代に入ってから大学に戻って学位を取得するのはそれなりに大変である。
社会人が博士後期の課程に入学して博士号を目指すことを社会人ドクターと呼ぶことがある。一般の修士卒が博士後期を受験する一般入試に比較して、社会人ドクターへの入試は便宜が図られていることが多い。学生時代から10年20年と経過しているので、社会人に学生と同じ受験科目を与えても難しすぎる。そこで、受け入れ教員と良く相談して受け入れ教員が了承していること、会社上司の推薦状があること、口頭試問や面接に重点が置かれていること、などが合格の主たる条件となっている。
私は現在社会人ドクターを受け入れる資格はもっているが、2000年からの10年間でドクターを誕生させたことはなかった。最近40歳代半ばの小さなベンチャー企業社長が博士後期課程に入学したいと希望してきた。まず入学試験に合格するところで難関がいくつか控えている。首尾よく合格しても、学位取得には少なくとも学会誌に論文を4件以上掲載しなければならない。
並大抵な努力では達成できない。幸い馬力がある社会人なので精一杯応援しようと考えている。

2008/7/30 水曜日

博士の学位:サラリーマンから大学の先生になる方法

Filed under: 若者に話したい仕事の経験, 博士の学位 — mizusawa @ 22:01:59

50歳代になると多くの企業で退職か転職を余儀なくされる。企業では取締役に残れないと退職するように求められるからである。子会社を多く抱えている大企業では子会社へ転出する。子会社の幹部として定年退職の60代まで仕事ができるサラリーマンは幸せである。
サラリーマンから大学の先生に転出する方法がある。文系の先生になりたければ、本を何冊か書いて、一つの分野で専門家として認められれば、どこかの大学から声がかかるかもしれない。理工学部の先生は、博士の学位が必須である。
昼に友人から電話がかかってきた。我が大学で募集している理工学部教授職の募集の実情についての質問である。
「先生の公募が公になっているけれど、本当のところは本命が既に決まっているのでは?」「いや、完全な公募で、本命はいませんよ」 本命が別途居ることも多いのだろう。世論に配慮して形だけの公募をしているのであれば、応募するための資料の作成が無駄な努力になるので、このような質問が浴びせられる。
「公募内容には専門領域が沢山書いてあるけれど、どの分野が主たる目的なのだろうか」 募集する側は人材の発掘を希望するので、広めの専門分野を公募に記載することになりやすい。
「研究分野は分ったが、外にはどのような人材が求められているのだろうか」「教育経験も重視しているので、模擬授業が求められるよ」 企業の研究者は研究成果は問題ないとしても、教育経験が少ないと不利になりやすい。大学で非常勤講師を経験していると、その経験が生かせる。
最後に、企業で出世した人材が大学でも採用されるとは限らない、同じ企業から二人以上応募した以前の事例では、「企業で偉かった人は模擬授業で技術の詳細が説明できず、教育能力がないと判断された」と追加で説明した。
最近は大学教授1名募集に50名以上が応募しれくる。サラリーマンから大学の先生に転出を希望しても、それなりの努力と幸運を要求される。まずサラリーマンの40代(30代?)から10年(20年?)以上をかけて準備をする計画性と努力が必要だ。

2007/8/19 日曜日

論文博士の価値

Filed under: 博士の学位 — mizusawa @ 9:46:36

本日2007年8月19日読売新聞の朝刊17面に、「論文で学位」を与える仕組みを廃止する論議、について記事があった。記事には、中央教育審議会は2年前、「国際的な考え方などを念頭に、あり方を検討していくことが適当」と将来的に論文博士を廃止する方向性を打ち出した、とある。
私は論文博士で工学博士の学位を与えられ、現在64歳で私立大学理工学部で情報テクノロジーを教えている。大学院の博士課程まで在籍して学位を与えられる課程博士に比較して、論文博士は別の意味で価値がある。
大学は社会の広範囲な学問分野を凝縮した形で、学生にそれぞれの分野について基礎的な知識を与えている。社会を経験せず、優秀な成績で大学に残り、研究教育する人材も大切である。同時に変化の激しい社会の動きを体験して論文として整理し、大学に論文として提出する仕組みも重要である。
実際、大学の教育内容が社会の実態から乖離しがちな状況、を改善するに役立つと考える。論文博士の審査過程で、大学の先生方は提出された論文の論旨の一貫性や体系については注文をつける。しかし、その内容については、大学側が社会の最新動向を勉強しており、大学教員にとって大変有効なフィードバック手段である。
学生は大学で教育する内容が時代遅れかどうかは敏感に感じている。ある大学で授業をしていたとき、教壇に近い席に座っていた学生が「**先生は30年前の教科書そのままで授業しているんです」と話しかけてきた。学問の世界には物理的な現象や数学のように基礎的で変化しない学問領域もあれば、情報技術のように大きく変化している応用分野としての学問領域もある。(理工学以外の学問領域については門外漢なので触れないことにする。)
論文博士は安易な学位取得手段であると考える向きが居たら困るので、課程博士より格段に難しい難関であることを知っていただきたい。理工学分野では学会論文誌に掲載されることが論文受理の前提条件になっており、論文博士の場合には少なくとも3件審査をパスしていることが条件であり、課程博士はこの条件に比較して一般にかなりゆるい。
日常の仕事に追われながら、論文博士に挑戦するのは余程の覚悟がないと達成できない。また論文を書く上で頭の中に雑然としている知識を体系的に整理する努力は、困難であるとともにすばらしい知的活動である。例えば社会人として20年以上働き、40歳代に入ってからの論文博士挑戦は価値がある。本人にとって価値があるだけではなく、社会にとって価値があると自負している。
私事で恐縮であるが、40歳から学会投稿論文作成に取り掛かり、少なくとも3件採用してもらうには6件は投稿しなければならないと努力し、その結果を大学の先生に論文として提出し、沢山のアドバイスをいただいて何回も論文を書き直し、やっと論文博士の学位をいただいたときは47歳になっていた。
完成した博士論文の製本を自宅に持って帰って家内と子供たちに「パパの学位論文だぞ」と見せたら、家族はそれぞれ「フーン、良かったわね」というだけで、論文を開こうともしなかった。

HTML convert time: 1.668 sec. Powered by WordPress ME