2010/5/31 月曜日

愛犬の追悼

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 9:15:05

我が家のエナが天国に行き、友人が愛犬追悼の辞を寄せてくれた。
一緒に生活したペットに深い愛情を寄せている。
——————
ポチありがとう

8月1日の真夜中過ぎ、小さな甘えた鳴き声を聞いたような気がした。
2日前からこもったきり、もう出てくることのできなくなった
地面の巣穴から今日はじめて聞いた声だった。

すっかり痩せて、かさかさになった毛艶のポチは
一昨日、お気に入りの巣穴の上のウッドデッキの上に寝て、私の
なでる手に反応して、小さく尾を振り、唯一自由に動く首を
まわしてこちらを見た。初めてこの庭に来て、小さな
庭の主となったとき、さびしそうに鼻を鳴らした小犬のとき
と同じように真っ黒な瞳だった。

手からしか食べられなくなった今週、玉子焼き
をおいしそうに食べたと、Bは残念そうに言った。
ドッグフードにも飽きっぽく、食欲がないのか
と思えば、違う銘柄に喜んで食いついたり、おっとりしている
がわがままな深窓のお嬢様だったけど、玉子焼きが
こんなに好きならもう少し前からあげればよかった。

甘えた鳴き声を聞いて、直ぐに巣穴に降りた。
床下の、体がすっぽり入る、すり鉢のような自作の寝床は
10年以上暮らした、ポチの終の棲家だった。
まったく不思議なことに、大雨の中でも毛皮が
ほとんど濡れない防水構造を自分で作り上げた。
床下しか使わなかった犬小屋に、体が動かなくなってから
ちょっとの間だけ、寝ていたけど、やはり自分の
寝床がよかったのか、最後はこのくぼみに抱かれる
ようにして寝ていた。

うす暗闇に手を伸ばすと、毛皮が触れた。名前を
呼んで、さすってみた。背中をゆすってみた。
もう動かなかった。2時間ほど前にBがひき肉を
手からたべさせたのが末期の食事となった。

ポチは、一度も人や動物を噛まなかった。
えさの残りを盗むカラスにさえ、わんとも言わず
見ていた。威嚇のうなり声を聞いたことがない。
例外はあった。
水道の検針にはは、野犬捕獲の道具のようなもの
を常に手にしているからなのか、いつも、激しく吼えか
けていた。犬という種族のDNAに書き込まれた
習性なのだろう。

同じ年の、猫のタマも、友達扱いだった。
通いの野良猫にもえさを黙って譲っていた。

ただし、人見知りで、散歩に出かけると
出会う犬には尾をたれ、伏目で遠くを逃げるように
通り過ぎるのが常で、深窓の令嬢そのままだった。

巣穴の下に埋葬してやることにした。
小さい世界だったけど、庭の主人として安住の場
として最もふさわしいだろう。

ちょっと舌を出し、目を少し開いて、ばつの悪そ
うな顔をしたまま、口元のチーズを、後で食べるよ
といいながら土の中に埋められていった。

散歩以外で、この庭から出たのは、予防注射と
一回だけの動物病院での手術、2回の網代旅行、
清里のロッジ、伊豆高原の孔雀とサルの来るコテージ
だけだった。しかし、庭をしっかり守ってくれた
のは、一家にとって本当に助かった。

黒い目と、不器用なお手、日向ぼっこ、たくましい
肩の筋肉、追いつけなくらい速い足、てこでも動か
ない腰の強い立ち姿、おとなしくて頑丈で、控えめな和犬
らしい和犬、日本で暮らす喜びを心から感じること
ができた。13年間の付き合いだった。

ポチありがとう。
————————————————–

黒き目は 小犬の如し 老いて逝く

往く犬の 見上げる夏や 鳳仙花

—-

2010/5/20 木曜日

愛犬エナの死

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 16:54:35

我が家の愛犬エナが昨日5月19日水曜日朝7時40分ころ死んだ。年齢は14歳と2月、人間だと70歳代らしい。
先週土曜日5月15日朝いつものように6時に朝食をあげたが食べようとしないので不思議に思っていた。朝食の催促は寝ていてうるさいと思うほどしつこく吠えて要求するエナだった。
死ぬ前日の深夜妻が動物病院に連れて行った。お医者さんの宣告は「多臓器不全で数日の命」だった。数日前から平衡感覚に異常をきたしたのか、立っていることもできなくなっていた。
このブログを読み返すと2008年9月ころ腫瘍ができたころの我が家のあわてぶりが紹介されている。当時残りの寿命は半年程度かも知れないと考えていた。結果は1年半であった。腫瘍はまたできたが、その後は残ったお乳すべてに腫瘍ができることはなかった。
家族にかわいがられたエナは、目が白くなって全く見えないようだったが、我が家の中は匂いを感じて比較的不自由なく動き回っていた。耳も不自由になり、家族が帰宅したときに玄関扉が開く音で吠えながら尻尾を一生懸命左右に振りながら迎えに出てくることもなくなった。
トイレの始末でエナの寝床の近くにシートを引いていたが、時々失敗するものの、シートの上で用を足す努力をしていた。目の周りや顔の周囲には白髪が目立つようになったが、それでも体全体がふさふさした茶色の毛でおおわれている。エナの一生は幸せだった証拠だろう。
今目の前の段ボール製の棺桶でエナは寝ている。薔薇の花と、エナが好きだった熊の人形が二つ棺桶の上に置いてある。今晩火葬する。
我が家族に沢山の笑顔をもたらした愛犬エナに感謝。自然と涙があふれてくる。

2008/12/25 木曜日

愛犬の腫瘍手術、その後

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 10:39:02

我が家の高齢犬、ミニチュアダックスフントのエナはお乳にできた腫瘍を外科手術で除去した。腫瘍を見つけてから手術するかどうか迷った末手術に踏み切ったのは9月であった。それから3月が経過した。エナは当時よりもかなり元気である。ただ、再度腫瘍ができてしまった。手術で取り去った部位の次のお乳である。
前回の手術ではおよそ6万円出費した。お医者さんからは2列に並んでいるお乳の片方の一列を切除することを勧められたが、エナの手術による負担を懸念して最小限の一か所だけを取り去った。その結果、お医者さんの指摘どおり次の腫瘍ができてしまった。
さて今回手術するかどうか、家族は最初の場合に比較してかなり冷静である。同じような腫瘍ができたが、再度手術をしなければならないという切迫した雰囲気はない。
腫瘍の大きさは大人の手の小指の先程である。色は灰色。エナは以前は腫瘍をなめまわしていたが、今回はあまりそのような様子がない。
お乳は片側4個、2列全部で8個ある。獣医さんの説明では犬に閉経はないという。したがって、子犬を産まなかった雌犬の半分は同様の腫瘍ができるという。そうだとすると、今回二つ目の腫瘍ができ、まだ腫瘍の候補となるお乳が6個残っていることになる。
さてまた難しい問題に直面した。当面二つ目の腫瘍の様子を観察し、三つ目の腫瘍が同時に出現するのかどうか見守らなければならない。
腫瘍ができていても元気ならばそれで良しとしようか。エナは最近食事の催促にうるさいので、もしかしたら腫瘍が食事を催促しているのかも知れない。

2008/10/5 日曜日

愛犬の腫瘍手術、その後

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 10:24:53

我が家の高齢犬、ミニチュアダックスフントのエナはお乳にできた腫瘍を外科手術で一部取った。当初は子宮も取ろうというお話が獣医さんからあったが、結局腫瘍の発生した部位だけ切除してもらった。お医者さんに手術のために預け、2泊して引き取ってきた。手術痕はガーゼ状の覆いがしっかりとついていた。一週間後に経過を見るために再度病院に連れて行った。
獣医さんは切除した腫瘍は「良性」という検査結果が出たと話してくれた。良性なら体の内部に転移している可能性が低いので少し安心だ。術後の経過も良いとのことで、1月後に再度来るようにと言われた。
手術の痕は5針ほど縫っていた。病院ではその糸を目の前で手際よく抜いた。手術の痕をエナが舐めても問題ないそうだ。その後1週間は患部が膨れ、もしかしたら再度腫瘍が出てきたのではと心配したが、だんだん小さくなっておさまった。患部の膨れが見られる間は、エナは元気がないように見えたが、今は元の元気なエナだ。
朝6時前から「おなかがすいた」と吠える。近所迷惑になることを心配して起きる。6時に朝ごはんを食べさせ、それから散歩に出かける。眼は見えないようで、ときどき歩道のブロックなどに鼻先をガツンとぶつける。長い鼻を曲げて「少しいたかった」という表情をするが、それだけだ。
30分ほど家の周囲を散歩し、公園2個所を回る。早足でトコトコ歩く。エナは他の犬に出会っても、愛想がない。ただ突っ立っている。散歩の途中で飼い犬に吠えられると、急いで逃げようとする。
愛犬エナのお乳にできた腫瘍で、最近のお犬さまの病院が人間並みに高度な医療器具を使っていることを知った。どの程度の治療をするかの決断を迫られたとき、家族の一員であるがゆえに難しい判断を迫られた。天命と考えるスタンスで治療しない道を選択するか、それとも高度な医療で延命を目指すか。私はエナの生命力を尊重して天命を選び、最小限の外科手術を選択した。
あと半年かも知れないと一時考えたエナの寿命は今回の選択でどうなるのか。人生の賭けの一つを経験した。(おわり)

2008/9/21 日曜日

愛犬の手術

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 10:38:36

高齢の家族を抱えていると、病気の際、家族として手術をするかどうか決断を迫られ、手術で助けたいという気持ちと、残り少ない寿命を半死半生状態で生きていることの意味を問う気持ちとの間で心が揺れ動く。
我家の愛犬エナも、犬である以上人と同等に扱うことはできないが、同じように難しい決断を迫られた。獣医さんは丁寧に説明してくれ、子宮のホルモン異常でお乳に腫瘍ができた可能性があり、お乳8個の半分と子宮を取ることを勧められた。手術をやさしく説明するための図には、3通りの手術が示されていた。子宮とすべてのお乳を取り去るのが一番目。これは最近やらないことになったとお医者さんが話す。二番目が今回お勧めのお乳半分と子宮を取り去る手術。そして3番目の図は、腫瘍の発生した部位のお乳だけを取り去る手術。
腫瘍が悪性か良性かは、摘出したのち専門の検査機関で調べないと分らない。悪性であれば、次々に転移して他の部位にも腫瘍が発生する可能性がある。
腫瘍が発生した原因は子宮が作るホルモン異常が一つの原因と考えられ、その場合には子宮をとらないと、ホルモン異常で別の場所に腫瘍ができるかも知れない。
獣医さんからは丁寧にお話していただけるが、決断は飼い主の責任である。飼い主は、情報を沢山教えてもらえるが、すべて腫瘍の原因について「可能性」のお話で、断定情報ではない。ミニチュアダックスフントのエナは体重が3キロ以下の小型犬だ。はたして、お医者さんが勧める手術に耐えられる体力があるのだろうか。
結局手術をしなかった1回目はお医者さんのお勧めに従ったが、2度目に手術をお願いした時は、なるべくエナの体に負担の少ない、腫瘍の発生した部位だけを切除にしたいと希望した。その場合は手術は簡単だと説明を受けた。
手術の当日はまた血液検査を受けることになっていて、若い先生が手術中に輸血を希望するかどうか、質問してきた。輸血は希望しないとご返事した。
動物病院には輸血犬を飼っているそうだ。事前の説明で、手術において最初の輸血は効果が高いが、回数を追うごとにその効果は薄れ、また輸血にはそれなりのリスクが伴うということだった。そこで、輸血が必要な事態が発生したら、天命と考えて輸血はしないと決めていた。
手術当日、今回は待っている間に、血液検査を済ませた。血液のレベルは前回と異なり、手術ができるレベルになっていた。レバーを食べさせた効果があったようだ。
およその手術費用は5万円。手術の翌日は手術経過を観察し、問題がなければ翌々日に受け取りに行く段取りだった。
一番簡単な外科手術とは言え、家族は心配である。帰宅すると、エナの食事皿と水飲み皿、おしっこ用シートに目がいった。(つづく)

2008/9/16 火曜日

愛犬の入院検査

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 21:31:25

12歳になった愛犬エナを早朝7時に動物病院に預けて、午前中は検査、午後は手術、翌日は手術後の様子をみて、数日後に帰宅する予定であった。ところが、エナは午前中の血液検査とX線検査で手術不合格となってしまった。息子が動物病院に呼び出されて、自転車の前の籠に入れて夕方帰宅していた。息子もお医者さんからなぜ手術ができないと判断したのか説明を聞いてきたが、再度直接お話しを聞いた。
血液検査では血液の濃度が極端に薄くなって、手術できる値以下となっていた。コンピュータで測定した表には、標準最低値を下回る測定結果が記録されていた。お医者さんのお話では、この調子で血液の濃度が低下し続ければ、命はそれほど長くはないだろうとのお話だった。「半年ですか?」と聞くと、断定はできないけれど、その程度かも知れないというご返事である。さらに胆のうが膨れていて、その原因は胆管が詰まったと思われ、胆のうがいつ破裂してもおかしくない状況が超音波診断から分ったという。胆のうは手術が必要ですかと聞くと、手術は無理なので、薬を飲ませて様子をみることを勧めるという。
当初お願いした腫瘍の手術では、お乳の半分と子宮を摘出する予定であったが、更に胆のうが破裂しそうで、破裂したらほぼ手の打ちようがない、という印象をもった。とにかく手術ができる条件は、血液の濃度が回復することで、そのための薬はないという。焼き鳥にする肝を食べさせたら効果ありますか、と聞いたら効果が期待できるというご返事だった。そこで、レバーをスーパーに買いに行った。しばらく様子をみて、再度手術の相談に動物病院にお伺いすることにしたが、1週間以内に判断しなければならなかった。
「エナはあと半年の寿命か…」 65歳の自分がこれから巡り合う人生終末の病気との戦いをエナが教えてくれているような気がした。12歳の犬の1年は、人間の4年に相当するという。半年の命は人に例えれば2年。そんなものだろうな・・・と、なぜか納得した。(つづく)

2008/9/15 月曜日

愛犬の入院

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 22:21:31

我が家のミニチュアダックスフントにお乳の腫瘍ができた。動物病院に連れて行くと、粉薬をくれて、1-2週間様子を見ましょうという。腫瘍がどんどん膨れるようであれば、その時は外科手術が必要になるとアドバイスをいただいた。腫瘍は日に日に膨れて行った。お医者さんが話していた臭い匂いもだんだん強くなっていく。お乳の膨らみは2段になって、小さなお供え餅のような格好になってきた。
エナは時折自分の体をナメる。そういえば、最近エナの口が発する臭い匂いの原因が「何かあるのかな」、と感じていたことを思い出した。以前はそれほど臭いとは思わなかったからである。犬はよくナメるし、それに嗅覚は人の百万倍も鋭いという話を聞いたことがあるので、エナ自身は自分のお乳に腫瘍ができたことを自覚していたかも知れない。ナメて直そうと努力していたのかも。もう一つ思い出した。最近エナは外に出すと、砂や石を口にすることが多くなった。これも数か月前からで、犬の本能で腫瘍対策の薬を探しているのかも知れない。
しばらく様子を見ている間に、腫瘍が徐々に大きくなったが、ある時びっくりした。二段重ねの腫瘍の上半分がなくなっていた。たぶんエナが噛み切って食べてしまったのだろう。お医者さんに外科手術される前に、自分で外科手術をした。
次にお医者さんにエナを連れて行ったら、乳房の半分と子宮を取り去る外科手術を勧められた。あれこれ考えたが仕方なしと判断して、お医者さんのお勧めに従った外科手術をお願いした。ところが、手術の順番待ちで2週間待つことになった。この2週間は、エナが患部をなめないように、首のまわりにプラスティック製の板をはめた。エナはプラスティック板が首にはまっていることで、思うように家の中を歩けなくなった。今まで狭い椅子の脚や机の脚の間をすり抜けて歩くことができたのに、引っかかって通れない。エナにフラストレーションがたまっているというので、書類を入れるプラスティックホルダをハサミで切って、やわらかい板に変えた。
入院の日が来た。朝ごはんは抜いて病院に連れてくるようにと言われていた。早朝7時に動物病院に連れていった。応対してくれた看護婦さんの話では、午前中に血液検査をして、正常であれば午後手術しますという。血液検査に異常があれば、連絡責任者として提出した電話番号に連絡しますという。エナを預けるとともに、承諾書を提出した。手術を承諾するという書類に署名して提出したのだが、説明書きには「まれに手術で死ぬ場合がある」「万一死んだ場合には原因調査に協力して欲しい」という内容だった。
「もしかすると死ぬのか・・・」と考えながら仕事に出かけた。(つづく)

2008/9/12 金曜日

愛犬の仕事

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 11:14:21

我家の屋内で飼っているミニチュアダックスフント「エナ」に腫瘍ができ、外科手術が必要だと獣医の先生に言われた。先生のお話では、犬の雌は死ぬまで月経があり、したがってお乳に腫瘍ができた原因が子宮のホルモン異常であれば、腫瘍は次々に増えていく。たった3kgの小型犬におなかの中を切り開くような外科手術が耐えられるのであろうか。8個あるお乳の片側半分と子宮を取り除く手術を勧められた。
なにしろ勝手が分らないので、ネットで関連の情報を集めた。近所には愛犬家が多いので家内はアチコチから断片的な情報を仕入れてくる。友人に頼んで獣医の専門家にも問い合わせてみた。専門家は「獣医の先生と十分に話し合ってください」というアドバイスだった。
愛犬がもしかしたら手術で死ぬかも知れないと感じると、エナが家で果たしていた役割を思い出す。12年前に子犬で我が家に来た時は、おしっこやウンチの騒動があった。子供達も巻き込んで、家のなかの掃除で大騒ぎとなった。最近2年間にまただんだん下のトラブルが増えてきた。白内障で目が不自由になったので、家の中でも家具にぶつかりながら歩いている。獣医さんの話では、犬は鼻と耳が強力なので人ほど眼には頼っていない。白内障については手術の必要はないと教えてくれた。
今まで、エナは家の中のトラブルメーカだという印象が強かったが、手術をしなければならないとなると、愛犬のことをアレコレ考えるようになる。朝は6時前から吠えて、朝食を催促する。朝食が終わると家内が散歩に連れて行く。夕方16時が定時の夕食時間だが、15時ころから色々な声をだして、夕食を催促する。
エナの仕事は、家族の様子を観察して、誰かが出かける気配を感じると「お出かでだぞ」と吠えて家族全体に知らせることが一つだ。息子が出かける前には歯磨きをするので、その歯磨き段階から吠えている。エナを抱っこすれば吠えるのをやめる。お見送りの体制ができたからエナも満足する。
エナの仕事の二つ目は、誰かが帰宅した時に、玄関に出迎えることで、玄関では尻尾を左右に大きく振り、体全体で嬉しさを表現している。この二つの仕事に特に息子は大満足である。
愛犬エナが手術を受けると、家族の見送りワンワンと、家族の帰宅時に見せる尻尾を大きく振るタップダンスが見られなくなるかも知れない。(つづく)

2008/9/7 日曜日

犬の病院

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 10:08:53

我が家の愛犬エナのお乳に腫瘍ができた。ネットで調べると子供を産ませなかった雌犬の半分は、お乳に腫瘍ができるという。
動物病院のお医者さんは診察して丁寧に説明してくれた。子宮が関係するホルモン異常が原因で,お乳に腫瘍ができている可能性がある。腫瘍が悪性か良性かは患部を摘出して病理検査するまで分らない。
治療としては、8個あるお乳の半分と子宮を取ってしまうことだという。ネットで検索すると治療費が10万円代であると情報があった。
そういえばと昔のことを思い出した。エナをもらったときのお礼が10万円であった。10万円で買って、その後の10年間、3人の子供が多感な時代にエナは家族の安定に大変貢献した。子供二人が独立し、成人した次男も来年春には就職する。家族にやすらぎをもたらしたエナの12歳は人間でいえば60歳代だという。あと何年生きることができるのだろうか。
腫瘍ができたと聞くと、人間ではガンのイメージが強い。腫瘍はうすい皮で覆われた粒粒が集まっていて、小指の塊程度の大きさに膨れている。急速に大きくなっている。お医者さんの話では、患部が発する異臭がだんだん強くなり、犬も人も悩まされるようになるという。そういえば、家の中が臭いような気がする。
50年以上も昔の我が家ではスピッツを屋外で飼っていた。ナナという名前を付けた。食事は家族の夕食の残りで、ご飯にお味噌汁をかけたものが多かったと思う。ナナを病院に連れて行ったことはなかった。貧しい時代だから、それが当然だった。飼い犬にドッグフードを与える時代が来るとは予想もできなかった。まして、エナに腫瘍ができて、動物病院では血液検査のコンピュータデータをみて、犬の血液型が陽性と陰性の2種類だけなのかと、妙なことろで感心するなんて。X線検査では、他にも病気が見つかってしまった。何時破裂してもおかしくないと獣医の先生がお話になる。(つづく)

2008/9/5 金曜日

愛犬に腫瘍が

Filed under: 愛犬エナ — mizusawa @ 9:13:36

我が家には12歳になるミニチュアダックスフントの雌犬が同居している。特技はナメルことと、家族が食事をしているときはハウスすることである。それまでのマンション暮らしから今の一戸建てに引っ越ししてきて間もなくのころ、家族が犬を飼いたいと言い出した。
当時は子供3人計5名の家族であった。やっと念願の一戸建てに引っ越しし、これで屋内で犬を飼う条件も整ったと思った。当時は最年少の次男が小学6年生で、引っ越しに伴い学校の友達と別れることになってしまい寂しそうだった。
ポストに投函される地域のミニコミ誌に、犬をお譲りしますという小さなコラムを見つけた。ブリーダは一般の家庭で、つがいで犬を飼い、子供が3匹生まれたのでミニコミ誌で引き受け手を探していた。
地図で住所を探すと江戸川沿いに我が家から10kmほど上流であった。電話をかけて訪問を告げ、次男を含め家族3名が自転車で出かけた。訪問先の家庭では、子犬が二匹新聞紙を切り裂いた敷物を入れた金網の籠に飼われていた。二匹の子犬は少し体格も顔つきも異なっていた。籠から出されると、子犬は座った家内の膝の上に乗ってきて愛想が良い。次男もすぐに子犬がジャレルようすに慣れた。
飼い主の話では、他にも子犬の希望者が居るということで、順番待ちとなった。一週間ほどたって我が家にミニチュアダックスフントの子犬が来た。名前はエナとした。
そのエナのお乳に異常を発見したのは家内である。数か月前に「お乳にシコリがある」と私は聞いたが、「しばらく様子を見よう」とその時は返事した。それが急激に膨らみ、エナがナメルと赤い血が流れ出すようになった。獣医師は「お乳の腫瘍」だという。「ガン」なのか、と愛犬の終末を考えるようになった。(つづく)

HTML convert time: 3.334 sec. Powered by WordPress ME