人のコミュニケーション能力

理工学部3年生対象の授業「情報ネットワーク」で毎回レポート課題を出している。今回の課題は「人(動物)のコミュニケーション能力について機械と比較して優れている点について400字程度で説明せよ」とした。
理工学部専門科目の授業では、ともすると技術の話ばかりになりがちである。技術の詳細を教室で説明しても学生は身近に感じていないようだ。教室で行う講義内容について興味を持ってもらうには、学生即ち「人」と技術との関わり方について考えてもらうのが良いだろうと考え、この課題を出した。
レポートを提出した学生の大半が「人の感覚や感情を伴うコミュニケーション」について機械に比較して人が優れているとレポートしてきた。
『人間にあって機械には存在しないものと言えば常套句であるもののやはり「感情」である。
例えば単純に遠くのものを捉える、と言う点におけば人間の目よりも機械の目(レンズ等)の方がはるかに能力を持っている。比べるまでもない数値差がそこにはある。
しかしコミュニケーション能力においては、単純に視力の善し悪しがそのまま能力に反映されるわけではない。話し手の仕草や表情を読み取る、などの要素をいかにして捉えるかが重要になってくる。これはまさに機械が苦手とし、対して人間はもっとも得意とするのである。
例えば話し手が笑みを浮かべながら話をしている。すると機械はその笑みという表情をストレートに認識し、話し手が楽しそうにしている、と捉える。だがその笑みが含みのある笑み……苦笑いだとしたらどうだろう。人間であればその笑みが苦笑いであることを多少なり察することができるのである。それにより、話し手の意図を深く理解できるのだ。この話し手は、何か複雑な事情を抱えているのではないか、など。
よってコミュニケーション能力においては、まだまだ人間の目の方が機械のそれよりも優っているのである。』
このレポートを読んで安心した。「情報ネットワーク」の授業の意図を十分理解できる学生だ。
最近の大学生は携帯を片時も手放さないので、携帯に縛られている学生が多いのではないかと感じていた。
「技術が人を拘束するのではない。人が技術を活かすのだ。」このことを授業を通じて多くの学生に理解してほしい。

動け!鳩山総理!

本日17日土曜日10時からの政治討論番組を見た。普天間問題を鳩山総理がどのように扱おうとしているのかという議論があった。鳩山政権の支持率が20%代まで低下し、参議院選挙を控えて民主党にとって過半数の議席はすでに不可能な状況にあるという。
窮地に追い込まれた鳩山政権に打開策はあるのか。5月末に解決すると約束した普天間問題を鳩山さんは約束通り解決できるのか。誰もが鳩山政権には出来そうもないと思っている、そのような時、打開策はあるのか?。
窮地に追い込まれた時の強みは「捨て身」である。「背水の陣」だ。
このまま時が流れれば、5月末に普天間問題は解決できず、参議院選挙で民主党は大敗する。現時点で、そうなることを覚悟すれば、鳩山政権にとって怖いものはない。甘い夢にしがみつくことをさっぱりあきらめ、すでに最悪の状況にあるという事実から出発する。そうすれば、力が湧き、何をしなければならないか道筋が見える。
鳩山総理は政権の長だから、普天間問題について部下に解決策を模索させてきた。しかも複数の大臣や官房長官に仕事を指示した。その結果ジャーナリズムにいろいろな情報が流れ、内閣が不統一であると批判された。残された1月半、このままの状態にしていて解決できる望みはない。
鳩山総理は普天間問題で日本国民から注視されている。鳩山総理が沖縄に入れば、膨大なニュースが流れる。移転先に赴き地元に頭をさげてお願いすれば、その様子は仔細に報道される。地元の首長が受け入れを反対しても、日本国民の安全保障のためだと熱心に説明しお願いすることで必ず事態を打開できる。いやいやながらでも受け入れを表明する地元が出てくれば、米国政府は鳩山提案を受け入れざると得ない。
鳩山総理。お分かりだと思いますが今がチャンスです。普天間問題の解決策を公にし、移転先に乗り込んで汗をかきながら説明し、何度でも説得したらどうですか。その度にジャーナリズムが報道し、鳩山政権の支持率が回を重ねることに上昇し始めるに違いない。
政権の長が地元に熱心にお願いしたら、これほど有効な政治アピールはない。今がチャンス。動け!鳩山総理!

桜満開のジョギング

いつもの旧江戸川沿いをジョギングした。桜がどこも満開できれいだった。東篠崎町の水門にたどりつくのに63分かかった。
旧江戸川沿いに桜の土手があり、家族連れが桜のしたでピクニックをしていた。小さいお子さんを連れた家族が多いように思った。水門ではひしめき合いながら多数の釣竿が並んでいた。釣り糸の先には5センチ程度の小さな魚が列をなしてかかっていた。面白いように連れている。散歩に来た男性が「ほう、釣れるんだ」とびっくりしていた。
篠崎街道を南西方向に走り、「くつろぎの家入口」で信号待ちをしていたら、年配の男性がガイドブック片手に話しかけてきた。「桜公園を知っていますか?」
ジョギングしていたので、地理に詳しいと思ったのだろう。ガイドブックを拝借して地図を眺めると篠崎街道がかいてあり、桜公園と表示している。二人で桜公園を探して歩きだした。途中街道の左側に交番があったのでお巡りさんに桜公園を尋ねた。お巡りさんは交番の中の机の上に置いてある地図とガイドブックを比較して教えてくれた。
「次の信号を通過してその次の道を右に行けばアパートの前が公園です」私も一緒に桜公園まで歩いた。
桜が満開の公園があった。帰宅してからGOOGLE、YAHOO、MSN、GOOの地図で調べたが、桜公園という表示は出てこなかった。ちなみにGOOGLEストリートビューでは雪景色の桜公園が映っていた。
道を尋ねてもらったおかげで、ジョギングコースを少し外れたところに「桜公園」があることを知った。