2012/1/24 火曜日

野田総理の演説

Filed under: 若者に話したい仕事の経験 — mizusawa @ 21:32:04

本日2012年1月24日通常国会での野田総理の演説に賛成する。野田総理は福田前総理、麻生前総理の演説を引用して自民党に事前協議に協力するように呼びかけた。谷垣総裁は衆議院選挙をやり直すことを要求し、言葉に囚われたつじつま合わせに終始している。谷垣総裁は自分が自民党の総裁として次の選挙に勝利を得たいがために、日本国民のことより自民党が勝てるチャンスと時局を見ているという印象だ。
自民党麻生前総裁が2011年度末までに消費税10%を目指すと国会で演説した丁度その時期が現在である。自民党が政権を民主党にとられた恨みだけが残っているのか。民主党のマニフェストが国民を裏切ったことは事実だが、現在の民主党は自民党の政策「消費税10%」を成し遂げようとしている。自民党は麻生前総理の「消費税10%」で政権を失ったのだから、自民党に代わって民主党がこの案件を片付けてくれたら「恩の字(オンノジ)」である。
自民党が民主党との話し合いに応じて「消費税10%」の案件が片付いたとして、次の衆議院選挙で自民党が不利になるとは思わない。むしろ、自民党が従来主張してきたことが、民主党のマニフェストより正しかったことが理解してもらえる。一方自民党がこの案件を片付ける国会での協力を拒否したとしたら、そして衆議院選挙に入ったとしたら、自民党を民主党より優れた政党だと国民の多くが判断するとは予想しない。野党時代の民主党と同じようにゴネることを真似しているだけ、つまり長年政権を維持してきた自民党も野党になるとプライドを失って、ただの素人野党自民党であるに過ぎない。国民はどちらの政党も選べなくて困ることになろう。

2012/1/7 土曜日

一体改革の与野党協議

Filed under: 若者に話したい仕事の経験 — mizusawa @ 13:46:30

本日2012年1月7日読売朝刊に「一体改革 与野党協議11日に提案」とある。同時に「自公なお拒否」と付け加えられている。昨日のテレビでは自民党の大島副総理が「民主党はマニフェスト違反の消費税増税を実行しようとしているのだから、衆議院を解散して国民の審判を仰ぐことが先決だ」という内容の発言をしていた。大島発言は分かりやすいが、目先の理屈にこだわって日本の将来に禍根を残す。肝心なことは、たとえ衆議院解散して選挙に突入したとして、自民党が「一体改革の自民党版」つまり消費税増税を主張して選挙を戦えるかということだ。
現時点で衆議院選挙で消費税増税を主張したら落選することは目に見えている。国民に嫌われる政策でも国政に責任ある政党はその必要性を認識したら「消費税増税」を実施しなければならない。現時点で消費増税で日本を救える可能性があるのは民主党と自民党だけ、と言えるだろう。その日本の将来の責任がある大政党が消費増税をから逃げ続けるような行動をとりつづけ、その典型的な例が大島発言であり、谷垣総裁の衆議院解散論だ。
別の見方をすれば、現在は財政立て直しの千載一遇のチャンスだ。民主党がマニフェストで大勝した時点では、東日本大震災は予想もされていなかった。福島原発の事故も夢にも考えられなかった。ギリシャやイタリア、スペインなどユーロ圏の財政破たん危機について他山に学ぶ事例として日本国民は危機意識を持っている。
消費税増税を歓迎する選挙民はいない。同時に、日本国全体が苦しいときに助け合わなければならないという「絆」に共感する意識も高い。苦しいけれど我慢して努力している仲間が沢山居るわけだから、消費税増税程度の負担であれば我慢しようと受け入れてくれると信じたい。
衆議院解散などという手続きは増税の後で構わないから、自民党公明党は民主党が提案する与野党協議に応じてほしい。

HTML convert time: 1.502 sec. Powered by WordPress ME