2013/11/12 火曜日

小泉さんの即原発ゼロ

Filed under: 原発事故 — mizusawa @ 20:18:01

本日11月12日19時のNHKTVニュースで小泉前総理が記者クラブで講演した様子を拝見した。小泉さんの提案に尊敬の念をもって賛成する。
小泉さんが発言した「政治家は方針を出すことが仕事で、方針を出せば賢い人が必ず実現してくれる」は実に貴重な言葉だ。原発推進派の自民党議員が「毎年5兆円無駄な費用をエネルギー輸入のために日本が支払っている」と原発再稼働が必要である根拠として説明していた。原発再稼働を強行したら、その後に第二の福島原発事故が発生しないとはだれも言い切れない。福島の現実を正視すれば、5兆円の負担は国民が納得せざるを得ない出費だ。
原発が一度事故を起こせば、被災者補償と放射能汚染地域の現状回復にとてつもない金額が必要で、汚染水を結局海に垂れ流して我々の海の幸を放射能で汚してしまうことは実際に経験した事実である。この貴重な経験を日本人として無かったかのように無視することはできない。日本経済の活性化のために原発を再稼働して安い電力を供給する必要があるのだ、と説明する財界人や自民党議員が居るようだが、原発再稼働が間違いなく将来に禍根を残す、という日本国民全員が福島で感じた直感を無視してはならない。
見方を変えれば、原発再稼働を主張する人々は周辺諸国の脅威に備え日本の潜在的な核保有能力を維持したいと考えている人々であると思われる。50基の原発と莫大な核燃料を保有している日本は既に十分な核保有能力を持っている。原発再稼働を主張しなくても如何様にも核保有能力維持の方策は考えられよう。
小泉さんにエールを送りたい。日本だけでなく世界人類の次の世代のために、核のゴミで地球を汚すのは今が止め時だと活発に主張しつづけるよう応援する。

2013/11/4 月曜日

小泉さんの脱原発

Filed under: 原発事故 — mizusawa @ 14:06:43

小泉元総理が脱原発を講演会で主張したそうだ。
・原発が生み出す核のゴミの最終処分方法に技術的にも政治的にも目途が立っていないこと。
が小泉さんが脱原発を主張する最大の根拠だ。
以前日本学術会議が同じように核のゴミについて最終処分を根本から見直すべきだと新聞報道に流れたと思うが一時的には注目を集めたもののその後進展があるようには思えない。
小泉さんの脱原発主張に心から敬意を表する。
脱原発は容易ではないことは理解できる。脱原発を主張することは小泉さんにとって第二次世界大戦で日本が敗戦を認めたときの苦渋の選択と同じ高度な政治的判断だと評価する。あの敗戦から立上った日本国民を信じれば脱原発も現実の選択肢であると信じたい。
昭和時代を生きた我が身としては、同世代が福島原発事故を起こしたことに全く申し訳ないと思う。我世代が大学受験の時代には原子力は花形でトップクラスの学生が受験する技術であった。最近の大学では原子力は学生に敬遠され、学科の名前を原子力とは無縁と思われる学科名に変更する動きがある。
現実に福島原発その他を廃炉にせざるをえない日本の宿命は逃れられない事実である。放射線を含む汚染水など英知を結集して新技術で解決しなければならない。それには優秀な学生を集めて困難な課題を解決する研究開発に腰を落ち着けて挑戦する組織が必要だ。放射線廃棄物を人類に有益なエネルギー源や資源として利用できる技術開発は人類に課せられた最大の挑戦課題だ。
敗戦から立上った日本人の能力を信じて、かって死を避けられなかった癌を医学の進歩が克服しつつあるように、小泉さんが日本が決断すれば必ず実現すると主張している脱原発と残された核のゴミを活かす技術開発に挑戦する社会を夢見たい。

HTML convert time: 5.176 sec. Powered by WordPress ME