2014/4/19 土曜日

北陸の旅(4)

Filed under: 熟年旅行 — mizusawa @ 21:36:23

4日目最終日は最初に車で能登半島方向に向かった。井上靖が若いころ物思いにふけったに違いない海岸を見に行くためだ。目的地は内灘町。広い砂浜が広がっていると想像した。あいにくの曇り空と強い風。立派な橋を渡ってこの辺りが内灘町と思ったが海岸線にたどり着く道路を見つけることができない。総合公園の駐車場に車を駐車させたら、海が見えて海岸沿いの道路を車が走っている。再度車に乗り込み海岸線沿いの道路を探して運転しているうちに工事現場で行き止まりとなり、適当に迂回したら有料道路に入ってしまった。仕方なしにしばらく走って途中で高速道路を下りてまた金沢方面へと逆方向に走った。内灘町の浜辺はあきらめて、今後は南へ下り那谷寺(なたでら)を目指した。那谷寺は最初読み方も分からなかった。お寺の入り口右手に小さな駐車場があった。門前町も寂れた印象で無名のお寺なのだろうと勝手に判断した。入場券を購入して参道に入ると立派な木々と苔ですこぶる印象が良い。冬場だから参拝者が少ないのですかと本尊脇の小さなお土産屋の女性に聞いたら、季節が良くなればバスで団体客も来ると返事があった。グルッと散歩したら松尾芭蕉の句碑があった。「石山の石より白し秋の風」 もしかしたら奥の細道を学校で習ったときに教わった名句かもしれない。那谷寺パンフレットに高野山真言宗別格本山と書いてあることに気が付いた。どうりで立派なお寺だ。
三重塔脇の小さなお堂に鎮座していた仏像
butsuzo.png

2014/4/18 金曜日

北陸の旅(3)

Filed under: 熟年旅行 — mizusawa @ 11:49:32

北陸の旅2泊目は私学会館兼六荘に泊まった。金沢城公園のふもとで兼六園に近くて観光には便利だ。3日目の朝兼六園の入り口を探して時計回りに適当に歩いた。塀が工事中の古い家の中を覗いてみると玄関周りや庭が整備されていて見学できるようだ。中に入ってみるとGoogle検索で黒門前緑地(旧高峰家・旧検事正官舎)と出てくる昔の有名人の家屋を移築した公園だった。当日3月6日は寒く「入っていいですか?」と聞くと高齢の男性がいろいろ説明してくれた。こちらが興味を示すと説明は延々と留まる気配がない。庭の木々には雪つりがあったが、「今年はどの程度雪が積もりましたか?」と質問したら、「ほとんど降らなかった」と返事が返ってきた。金沢市の多くの場所で目にする雪つりは金沢市から補助が出ていて観光客向けなのだそうだ。黒門から金沢城公園に入った。広々とした緑の広場が広がる。見どころは菱櫓と五十間長屋だそうだ。比較的新しい建築で木材を使い釘を使わない日本式の建築技術を再現し学ぶために建築したと説明していた。太い柱が多数組み合わされているが、柱に不規則な割れ目が見られ、十分な乾燥をせずに木材を使った結果ではないかと気になった。お城から兼六園に向かった。兼六園は観光客が多く、韓国人の10名程度の団体が案内者に従って移動していた。日本人観光客の団体は30名ほどで、ガイドの案内が耳に入ってくるので少しは情報になった。兼六園の中にはお茶室がいくつかある。地図で探してその内の一つ時雨亭に入った。入り口右手に受付がある。料金を支払って左手の部屋に入り、赤い敷物の上に荷物を置く。広い和室に確か緑色の幅広の長い敷物が敷いてありそこに座るように指示された。着物姿の女性が最初にお菓子を目の前に置き、それからお茶が運ばれてくる。若い女性ばかりでなく、若い男性のグループもお茶を楽しんでいた。
時雨亭の庭
shiguretei.jpg

HTML convert time: 1.716 sec. Powered by WordPress ME