野党の見識

衆議院選で自民党と公明党が圧勝した。そうしたらまたも野党は巨大与党に対抗できる勢力を結集しなければならない、という昔からの議論が復活したようだ。そもそも今回の衆議院選で野党が大敗したのは、民主党が政権を取った前々回の衆議院選挙後、無理やり考え方の異なる野党が見かけ上集結し、政権をとるやいなや「烏合の衆」の本来の姿を国民の前にさらしたことが原因であった。政党は政治に対する見識を一にする政治家の集まりでなければ政治はできない。このことは民主党が政権を取った数年間で国民は十分に知った。したがって弱小勢力の野党が集まって自民党公明党に対応する人数集めをしたところであの民主党政権が少し衣替えしただけで期待できない。むろん自民党公明党がおごり政治を始めれば他に選択肢のない国民はまた新しい衣替え民主党に政権を付託する可能性は残されている。しかし当面は安倍総理が分かりやすい説明を国民にしながら努力しているポーズが感じられ、一方の野党と言えば「烏合の衆」が再度「人集めの方策」があたかも政治のように発言している。このような状況だから個人的には賛同しかねる共産党が議席を伸ばしたのは当然である。政府の進める政策に対して何事も反対を発言するだけでも主張は終始一貫している。つまり烏合の衆よりは多少まし、ということが国民の投票結果を示している。今回の選挙で敗れはしたものの何とか選挙で選ばれ「人集め」について奔走する野党大物政治家を次回の衆議院選挙ですべて落選させることになる、新しい政党を立ち上げようという若者のグループが誕生することを期待したい。断っておくが現在の「次世代の党」ではない。未来を創造する若者の政党の誕生を強く期待する。