2015/7/29 水曜日

回転寿司の無料サービス券

Filed under: 70歳代が考えること — mizusawa @ 22:44:15

昼食を外食で済ませることが週に2ないし3回ある。1年以上前はサラダの大盛りが気に入ってサイゼリアに通っていたが、メニューが変更になり小さなサラダしか選べなくなった。最近は古淵駅近くのイトーヨーカドー建物内の食堂街にある回転寿司が気に入っている。12時過ぎると順番待ちになるのでなるべく11時半ころ到着するようにしている。高齢者にとって回転寿司が気に入る理由は、料金がお皿単位に明確にわかることである。体重を気にしながら昼食では5皿までと自分に言い聞かせている。この回転寿司はレジでサービス券をくれる。次回の昼食で無料で汁などを選べるのだ。そこで、無料券が常に事務所の机の上に置いてあり、仕事の最中にも目に入るので、毎週回転寿司屋に出かけるきっかけとなる。無料券に喜ぶのは昭和生まれだからかも知れない。
今日も暑い一日だった。昼食を食べた回転寿司で料金を支払うレジで順番待ちをしていたら、4名の東洋系の外国人が手間取って手続きをしていた。やっと終わったなと思ったら、レジから受け取ったサービス券について何やら相談している。私が毎回使っている、次回来店時のお汁無料サービス券について頭を寄せ合い、「これは何だ?」と相談しているようだ。すると突然、私の前にいた年配の小柄な女性がサービス券4枚を私に差し出した。無言ですが私に「あげる」と言っているようなのでThankYouと言って受け取った。4人連れは日本を旅行中の外国人のようだった。相模原の古淵のような田舎のスーパーにも旅行客が来ているのだ、と知り、枚数が増えても使い道の無いサービス券をもらって、何故かうれしく感じた。

2015/7/6 月曜日

「なでしこ」の日米決戦

Filed under: 70歳代が考えること — mizusawa @ 18:06:47

ワールドカップ2015の優勝決定戦がTVで放送されていた。試合が開始されるとあっという間に2点取られてしまった。なでしこの足元をすり抜けるシュートだった。サッカーでは2点差はほぼ試合を決定づけるので、「これはダメだ」と家内はTV観戦をあきらめてしまった。8時半まで寝坊していた私は後半戦をTV観戦することとした。負けが見えていてもなでしこの戦い方に興味があった。米国チームとなでしこメンバーを比較すると、体格はあまりにも違う。昭和の感覚ではそもそも試合にならない体力差が歴然としている。スポーツの世界では欧米の考え方は体重で対戦のクラス分けをする。柔道が代表例だ。しかし日本の伝統は体力で区別しない。先日NHKで紹介されていた日本一を決める柔道大会では体重による区別をつけていない。体力面で劣っていてもなでしこは後半戦も頑張っていた。米国となでしこは実力差が歴然としているという見方もできるし、点差は5対2と開いたが実力は伯仲しているという見方もできそうだ。どんなに運が良くてもワールドカップで決勝戦まで戦うチャンスを得ることはとてつもなく難しい。澤選手はそのチャンスに恵まれた。次の世代のなでしこがまたワールドカップで活躍できるかどうかは疑問符だ。歴史が証明している。私が学生時代に東京オリンピックが開催され、日本のバレーボールは金メダルを獲得した。しかしその後女子バレーボールがなでしこほどジャーナリズムに囃されたことはない。昭和の世代から見ると「東洋の魔女」が産まれ代わって「なでしこ」となった。東京の魔女、なでしこ、の日本女子スポーツの伝統は、次にどの競技に引き継がれるのだろうか。若者がスポーツで活躍しあきらめない戦いを見せてくれるのは感動そのものだ。

HTML convert time: 1.548 sec. Powered by WordPress ME