2016/1/1 金曜日

72歳6月の正月

Filed under: 70歳代が考えること — mizusawa @ 21:10:19

72歳半の正月を迎えた。ディズニーランドのカウントダウン花火を自宅の玄関先から昨年正月と同じように眺めた。次々に色彩を変化させる花火、三角や四角の花火、終わりに近づくと多色の花火と、毎年豪華さが増している。紅白では最近の流行にまったく関心がないせいで、「こんな歌も流行したのか、という2015年まとめて復習」の歌番組である。ケバケバ、騒々しい音楽が次々に流れる中で「よいとまけ」だけは心に沁みた。「父ちゃんのためならよいとこーら、母ちゃんのためならよいとこーら」は、我が親の世代が第二次世界大戦に敗れてのちの貧乏で苦しい時代に頑張った歌声だった。わが身は大戦中に生まれ、親が苦労したことは間違いない。母が父の職業は国家公務員で2週間ごとに間違いなく給料が支払われるから助かると話していた。それでも、給料日が近づくとご飯にコロッケ1個の食事で済ますことが多かった。「よいとまけ」の歌詞にあったように、高校を卒業し、大学も卒業して、エンジニアを職業とする平和な時代を過ごした。全て父、母の苦労が報われわが身の幸せとなった。父母は既に他界している。現在は子供3名、孫が2名だ。「よいとまけ」の歌を孫たちは「分かるかな?」と連れ合いに話しかけた。「無理だろうね・・・」

HTML convert time: 1.573 sec. Powered by WordPress ME