73歳の体力と注意力

小学校3年生の孫(男の子)と避暑先で3kmのジョギングをした。結果は圧倒的な差で敗北である。3kmのジョギングコースは半分が下り坂、半分が上り坂で約150メートルを下ってそれから上る。男性の人生が平均80歳とすると、73歳は残り7年、一方孫は生まれて8年間成長した訳で、ジョギングに負ける状況になったのは当然かもしれない、と一人で納得している。避暑地から東京に帰ってくると暑さが厳しい。熱中症にかからないように夕方4時半過ぎにジョギングをするよう心がけている。幸いジョギングコースには公園が複数あり、水道栓を利用することができる。水道栓に到着すると、両手両足を水で濡らし、次に蛇口の下に首筋を置いて水が後頭部にかかるようにする。頭の血流を冷やすことができるので気持ちが良い。公園に水道栓が配置されているのは健康上大変助かる。最後に帽子に水をたっぷり含ませて頭にかぶる。ひさしから水滴が垂れるがそれも気持ちよい。気分は快調であるが、ジョギングの足取りは重い。時速6kmと歩くのと大差ない走りである。しかし同年代が多数歩いているわきを追い越していけるのは若干の優越感である。注意力も散漫になりつつあることを実感している。退職後は自宅で食後の食器洗いを義務と感じるようになった。その食器洗いで今週2度ガラス食器が壊れた。一つは愛用していたコップで、洗っているときに上部が三角形に割れてしまった。いつの間にかヒビが入ったのだろう。食器洗いの時に水切りのために上下に振る癖がある。そのとき流しのわきに無意識にぶつけたと推測した。もう一つは日本酒を飲むのに愛用していた小さなガラスの飲み口である。冷蔵庫から氷を取り出して飲み口に入れようとしたとき、左手から床に落ちてしまった。粉々に砕けたので、清掃が大変だった。普段無意識に動かしている手や指の感覚がずれ始めていると実感した。