安倍総理の戦略

6月2日の読売新聞朝刊一面の見出しは「消費税10%19年10月」が大きく印刷され、左側中程には「強行突破 参院選で審判」の見出しがある。昨日の安倍総理の記者会見中継を聞いて、経済で一段のてこ入れが必要であるから消費税10%への移行を延期し、参院選での勝敗は自公で過半数と高い目標とする、と説明していた。私自身は浮動票の一人と自覚している。前回の衆院選ではあまりにもひどい民主党の政権運用にあきれて仕方なく自民党に投票し、結果として自公の圧勝となった。安倍政権の財政政策はおそらく民進党よりは格段に「まし」だろうと考えるので、自民党に投票することも一つの選択肢である。しかし、気がかりなのは憲法改正についての安倍総理の本心だ。「能ある鷹は爪を隠す」の気配がする。安倍総理の任期があと2年程度と短くなってきたので、本題の憲法改正に打って出る布石として今回の参院選を選んだのだろう。消費税増税の難しい実行は後任に任せ、憲法改正の体制固めに必要な参議院での過半数を狙うのだろう。消費税増税先送りとして、その陰に憲法改正のための「鷹の爪」が見える、と直感した。経済政策は安倍政権に期待するものの、憲法改正については戦後70年の平和国家で人生を過ごさせていただいた我が身の幸いを振り返り、反対である。今回の参院選では、自公に過半数をとらせないために、野党に投票しよう。6月1日の総理記者会見で安倍総理の戦略が見えた以上、孫二人が戦争に駆り出されるリスクを避けるための一票を投じようと決めた。