お金は貯めてから使おう

30年ほど前に会社から辞令をもらい職場を異動しました。新しい職場にいた係長は、家庭を持ちながら借金の返済に追われて首がまわらない状態でした。それでも当時としては贅沢な車を乗り回していました。その職場では上司が集まって、係長の借金返済について会社としてどのように指導するか相談していました。例え仕事ができる係長だとしても、お金の使い方に節操がなく会社に迷惑をかけ、本人の将来を台無しにしたのです。
別の経験もあります。ある社員が会社には内緒で消費者金融で借金し、だんだん返済が滞って、結局会社に不審な電話がしばしばかかってくるようになりました。友人を名乗った電話でしたが、周囲は借金の返済督促だと感じるようになったのです。上司はそのことに気づき、本人と話をして会社が一時的に立て替えて借金を返済しました。ところが、会社へ立替分を完済する前にまた消費者金融から借金し、結局会社に来なくなりました。借金の返済で努力した会社にも迷惑をかけたまま消えたのです。