先生、私が内定をもらった会社は大丈夫ですか?

大学3年生の終わりから4年生の前半まで学生は就職活動に振り回されています。毎年のように就職先の企業から内定をもらった学生が推薦状をもらいに来て、そして私に質問します。「私が内定をもらったこの会社は”だいじょうぶ”ですか?」学生の質問は、「一生安泰に仕事ができて、つつがなく老後に入れる会社ですか?」という意味に聞こえる。「”だいじょうぶ”という意味は?」と聞き返してもはっきりした返事はない。
「今大企業でも30年以上”だいじょうぶ”な会社はないよ。」
「会社はひとたび危ない状況になれば人員整理をする。君も人員整理にあうかも知れない。」
「それに君が社長になったら会社をつぶすのは簡単なことさ」
大企業がたくさんの新入社員を採用して、皆が会社を頼りにしてよりかかるそんな会社を選べば、その企業はいずれなくなる。
「どんな大企業でも君が背負うつもりでなければ、30年以上大丈夫はありえないよ」
「……」